ニコニコ動画でヒットをつくるニコニコ動画マーケティング(β)

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ニコニコ動画で10万再生を誕生させるコンサルティング

2012年3月某日、ニコ動のヒットに関する修論発表を終え
「キミに任せればニコ動でヒット動画が生み出せるんだよね」
と言われることがありました。

理論がまとまってきた今、考えれば出来そうな事です。というわけで
ニコニコ動画で10万再生を生み出してみる計画」
というヒットの実績を作る為の実証検証を行なっています。

さてここに、普段頑張っても3~4000再生程度しか到達した事のない、
一人のクリエイターが存在しました。彼をAさんとしましょう。

私はAさんのコンサルティングを行います。
Aさんに10万再生動画を生み出してもらうことにしましょう。

まだ、10万再生には途中段階ですが、コンサルティングの内容を紹介します。


※動画IDやタイトルは伏せておりますのでご了承下さい。

①現状分析
Aさんの代表作である動画を用いて、現状分析を行います。
再生数等と共に、以前紹介した視聴者行動モデルを用いて数値化を行ないます。

■動画データ
投稿日:2012/2/13
再生数:6904 コメント数:273 マイリスト数:343 ツイート数:69

■視聴者行動モデルの数値化
検索性:50点   【検索キーワード1個×10点(最大60点)、タグ検索性40点(最大40点)】
興味率:50点   【内容を表すタイトル:30点(最大60点)、内容を表すサムネ:20点(最大40点)】
マイリス率:100点 【4.97%/4.09%×100点(最大100点)】
コメント率:24点  【3.95%/16.44%×100点(最大100点)】
共有率:77点    【1.00%/1.31%×100点(最大100点)】

■視聴者行動モデルチャート
6904.png
赤線がこの動画の数値で、黒線が100万再生81動画中工作を除く58動画の平均値です。
この動画は、検索性、興味率、コメント率が低く、共有とマイリス率の数値は高めです。

■グラフから考察すると、
・見てもらえば気に入って貰える動画のようですが、見つけにくい動画のようです。
・コメント率が低いと検索した時に上位に表示されない為、コメントをさせる努力が必要です。
・興味率の低さの原因は、視聴者層が限定されている事にあります。その層からの興味は引くのですが・・

②分析と戦略アドバイス
・丁寧に映像を作る傾向のあるAさんの動画は、狙った視聴者層に見てもらえば気に入って貰える可能性が高いという強みがあります。動画作りは趣味なので、自分がやりたいと思える範囲内で広い視聴者層へアプローチできる動画内容を考えてみてはどうでしょうか。
・その視聴者層が絶対クリックするだろうというタイトルとサムネイルを考えて下さい。
・検索性を上げるために、説明文にその視聴者が検索しうるキーワードを6つ以上入れて下さい。
・動画内にコメントをさせるつっこみ所、共感どころをいくつか入れて下さい。
・(もうひとつ、完走率と演出に関するアドバイスを行いました)

③実行
上記の戦略を用いて、Aさんが新たな動画を制作しました。
まだ投稿してから日が浅いですが、現在のデータで、分析を行います。

■動画データ
投稿日:2012/3/31
再生数:3993 コメント数:216 マイリスト数:115

■視聴者行動モデルの数値化
検索性:100点   【検索キーワード6個×10点(最大60点)、タグ検索性40点(最大40点)】
興味率:70点   【内容を表すタイトル:30点(最大60点)、興味を示すサムネ:40点(最大40点)】
マイリス率:100点 【7.54%/4.09%×100点(最大100点)】
コメント率:33点  【5.41%/16.44%×100点(最大100点)】
共有率:100点    【2.88%/1.31%×100点(最大100点)】

■視聴者行動モデルチャート
3993.png

■グラフから考察など
全ての数値が伸びました。特に伸ばすのが難しい共有率が高まったのが非常にいい傾向です。
比べてコメント率が低いのは、コメントが無くても成り立ってしまう動画だからかもしれません。
もっと評価されるべきというタグも付いていたので、これからじわじわ伸びていくか、何かのきっかけで伸びる事も予想されます。

■結論
何かのきっかけ※で10万再生に到達する可能性が大きい。おそらく一月以内。

※何かのきっかけ=世界の新着動画で完走する、1万pt近く宣伝される、フォロワーの多いツイッターユーザーやブロガーに紹介される、ニコニコニュースの関連動画に出てくる、ニコニコ大百科のおすすめ動画に選ばれる、コメント職人が表れる、ニュースサイトに掲載 など

以上、ニコニコ動画で10万再生を生み出してみる計画」第一報でした。
近いうち、続報をお知らせできると思います。



ところで、この分析を受けてみたい方っているのでしょうか?

4/28(土)、4/29(日)にニコニコ超会議@幕張メッセで行われる
「第2回ニコニコ学会βシンポジウム」の会場
ポスターセッションの場で出来るかも知れません。

登壇にも応募していますので、詳しくはこの後書く別記事にて。
スポンサーサイト

| 検証中 | 11:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。