ニコニコ動画でヒットをつくるニコニコ動画マーケティング(β)

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

カテゴリごとの有利不利を分析してみる

カテゴリごとの有利不利を分析したかったので調べてみました。

下のグラフは、2011年12月26日に投稿された動画の、
「カテゴリごとの投稿数」「30日後の再生数の平均値」「30日後の中央値」です。

平均値だと、再生上位の動画に底上げされがちなので、中央値の方が参考になるかも。
カテゴリごとの投稿数も、少なければより検索でみつかりやすいので、少し参考になるかも。

削除されたものは集計出来ていないので除外されています。
30dayKategori.gif


歌ってみたでみてみると、
  • ある平日に、541もの動画が投稿された。
  • 30日後、平均値は901再生
  • 30日後半分以上の動画が80再生に満たない
ということになる。

にしても思った以上にカテゴリ格差がすごい。
単純に、歌ってみたゲームは敷居が低く、動画講座技術部は敷居が高いからクウォリティが違う
っていうのはもちろんあるけど、うp主の数と視聴者数の違いとかもあるんでしょうね。

というわけでそのあたりも調べてみました。


というわけで、カテゴリごと、10万再生動画の個数と倍率のグラフです。
今までに投稿されて、削除されていない10万再生以上の全ての動画が対象になっています。

10mann.gif 

倍率に注目。当然、倍率が低いほうが有利。
例えば歌ってみただと157個に1個は10万再生の動画が誕生している。

さっきのグラフと照らしあわせてみると、技術部料理R-18は強いらしい。
それに対しての、ゲームや歌ってみたの不利さが・・・


歌ってみたでも技術部料理並に丁寧な動画を作るべきだ!って考え方もできるけど、
どのカテゴリか迷っている人に、ゲーム歌ってみた等はあまりおすすめ出来ない感じですね。

さっそく科学やニコニコ動画講座で動画をつくってみようかな?
スポンサーサイト

| ヒットをつくる | 18:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。